預貯金差押さえ被害を最小限に減らす

差押さえられた経験10回以上、差し押さえた経験3回、上手くいけば確実に財産を横取り?奪い返す?方法ですが、ある意味「正統派すぎる方法」なので失敗や無駄が多いのも事実ではないでしょうか。

口座差押えの基本

まずは敵を知ることが大切ですね。差押えの基本を把握して少しでも防御&被害を最小限にする方法を考え、そして実行しています。

銀行口座の特定

大手銀行やゆうちょ銀行など、一部の金融機関においては取扱支店や口座番号が不明でも差押えはできます。その他銀行については基本的には「取扱支店」まで調べる必要がありますが、弁護士特権で支店名を調べることが概ねできてしまいます。
通常は給与の指定振込先や、住居地近辺の金融機関が狙われる可能性が高いです。

差押えの実行日

平日のみ、単純に土日祝日は銀行が営業していませんし、裁判所からの特別送達も届きません。

裁判所からの特別送達を銀行が受け取った日に、銀行側の都合の良いタイミング(営業時間内)で実行されます。差押え実行の時間指定「〇月〇日〇時」になどはできませんが、特別送達を日付指定で発送することで「実行日」は指定できます。よって給与日が知られているとピンポイントで狙われたり、残高が豊富になりやすい月末近くが比較的狙われやすいといわれています。

差押えの時間

裁判所からの特別送達を銀行が受け取った後の、銀行側の都合次第になります。また、午後1時に差押えが実行された場合、午後2時に入金された分は差押え対象外になります。

汚金くん

午前中にネットバンクでの振込に制限かけられており、銀行に電話をしたら「〇〇裁判所から差押えが来ています。あと1時間くらいで実行すると思うので、その後にすぐ復旧しますのでお試しください」と言われました。

差押えの金額

当たり前ですが、裁判所が認めた債務などの総額を超えて差し押さえられることはありません。また、銀行が裁判所からの「特別送達を受け取った時点での残高分のみ」が差押え対象になります。「〇円以上の入金があったら差し押さえてください。」はできません。午後1時に差押えが実行された場合、午後2時に入金された分は差押え対象外になります。

回避した方法

第一条件として、いつでもどこでも口座を操作できるネット銀行や一般銀行のWEB取引契約は必須になります。
常に口座には数円だけ残しておくことを心掛けています。

平日朝一の残高確認

口座に入金のある日が特定できるのであればこの作業は不要です。私はフリーランスで多数の仕事を頂いており、入金日が驚くほどにバラバラなのでこの作業は外せません。また、朝一以外にも何となく思い出したら確認する事を身体が自然に覚えてしまいました。

取引制限の確認

残高確認により入金が確認出来たら、即時資金移動ができるかを確認します。私は、振込操作で実際に「振込実行」の一歩手前までの操作ができるか確認するようにしています。差押えが掛かっていたら、最終実行画面の前に取引制限エラーになる可能性が極めて高いからです。もし制限されていれば、その時点での残高はさっぱり諦めるしかありません。

資金移動

WEB操作で即安全口座に移動できれば良いのですが、資金の移動先は本人名義の別口座に限られると思います。その口座は大丈夫でも別口座に差押えが掛かっている可能性もあるので、本人名義の別口座への移動はリスクも伴います。なるべくであればATM出金を最優先し、難しければ一番安全であると思われる口座に一時避難させます。
後述しますが、ゆうちょ銀行への資金移動は控えた方が無難です。

入出金は同一銀行に集中

危機回避のために、複数の口座で入出金管理を行う方法も間違いではないと思います。だけどその場合、1つの入出金情報の漏洩でその口座は100%「危険口座」になってしまいます。5つの情報が洩れたら5口座が危険口座になってしまいます。
私はあえて1つの口座に集中させることで「より安全な別口座」を複数持ち続けることができると考えています。

数百円口座に残す理由

差押えの確認が目的です。常に0円にしてしまうと、後日裁判所からの通知を確認するまで差押えがされたのかどうかも分かりません。私の場合、裁判所からの郵便は漏れなくシュレッダー行が基本なので、差押確認のためにこのような方法をとっています。
確認したところで防げるわけではないので、気にしない方は常に0円にしておいても良いと思います。

差押え記録を通帳に残さない方法

上での説明のように、常に残高0円にしておけば差押え(引落)されませんので通帳に記録が残ることもありません。

ゆうちょ銀行取引に注意

汚金くん

ゆうちょ銀行取引は弁護士に筒抜け!?

引落などに指定された以外は、ゆうちょ銀行に関わる取引はしないようにしています。差押え口座特定の際に口座番号が不要なことも理由になりますが、それ以上に『取引情報が相手に筒抜け』になる危険性が高いと考えられるからです。

具体的には、ゆうちょ銀行は弁護士の依頼に応じて、過去の他行宛振込などの情報を簡単に開示するといわれているからです。これでは資金移動の意味を成しません。

借金問題に強い弁護士事務所

私は原則的に『無視』と『郵便物はシュレッダー直行』に徹していますが、支払督促など無視し続けると最悪の場合は財産の差押えが待ち構えています。差押自体は財産がなければどうでもよいことですが、一番困るのは勤務先への給与差押ではないでしょうか。金銭面と会社への信用面の2つに関わ問題です。ここまでくる前に確実に解決を望むのであれば借金問題に強い弁護士にお願いする方が無難です。

弁護士以外にも『司法書士』にお願いする方法もありますが、扱える限度額や委任可能範囲に違いがあります。費用的にも大差はないので全権一任できる弁護士に依頼する方が手間も省けスムーズに解決しやすい傾向にるようです。

上の2つの弁護士事務所は借金問題に強く、口コミ評価も上々で有名な弁護士事務所になります。借金問題をどうしても解決したい場合は相談してみてはいかがでしょうか。

記事一覧