レンタル倉庫|賃料滞納記録~100万円超え

実録!汚金の話
この記事は約4分で読めます。

現在執筆途中の記事です。記事は完結していません。

2020年の思い出話
主に関東圏を拠点にレンタル倉庫を展開している会社との契約における、賃料滞納記録になります。延滞中も強制解約後も管理会社(貸主)の影は一切見えず、すべて保証会社からの連絡、通知になります。

契約内容

書類は破棄してしまったので曖昧です。
月額賃料8万円前後の屋外型コンテナを同一会社から3カ所借りていましたが、比較的都心部のため間取り的に見ても高額です。
コロナ禍で廃業に追いやられた飲食店の厨房機器や内装備品を押し込んでいます。

コロナ発生後まもなくの契約ですが、月額合計24万円の家賃を支払ったのは6ヶ月にも満たないと思います。
収入激減の中、24万円もの出費が増えれば支払いが滞ることは契約時点で容易に予測できたことかもしれません。

荷物撤去・処分通知

2ヶ月分滞納した時点から保証会社からの電話は鳴りやみませんが完全に無視に徹している中、いつもはシュレッダー直行の郵便を珍しく開封してみました。

2か月分滞納した更に1か月後に頂戴した「荷物撤去通知」から、更に1ヶ月経過した時点では、まだ荷物は撤去されておらず、倉庫内も私の鍵でスムーズに行き来できる状態です。

必要なものはすべて持ち去りました。
車のタイヤ4本回収し損ねたのが悔やまれます。

不法投棄により罰せられるとの警告

書面を紛失してしまい受領期日は不明ですが内容は次のとおりです。

通知内容

貴殿(私)の残置物は悪質な不法投棄であり警察に被害届を出します。
貴殿には、5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金またはその両方が科せられますのでご了承ください。

笑ってはいけませんが、笑ってしまう脅しですね。
しかも、科される刑罰が可能性ではなく断定されていたので「なぜ貴方が決めるの?」と思いましたが、音信不通を貫いている状況で反論はできません。
内容的には子供の脅して的な感じで・・・(笑)

他人の私有地にみだりに捨てたわけでもありませんし、不法投棄として刑事告発~立件され罰せられる可能性は極めて、極めて低いと考えられます。
これが不法投棄になるならば、住居で夜逃げされた入居者の残置物はすべて不法投棄になってしまいますので、貸主側が私の所有権は無視して好き勝手処分できることになってしまいます。
無論そんなことは保証会社も承知の上で「脅し」目的であると思うのですが、「これなら怖気づいて連絡してくる」との思惑ならば、どこまでも幼稚なのでしょうか。

契約期間中の正当な権利の基で置いた荷物を、契約解除後も残置しているだけのことです。その点だけみても不法投棄の要素はゼロではないでしょうか。

解約通知 & 代位弁済

書類が手元にないので詳細は不明ですが、約4か月分滞納した時点で強制的に解約された記憶があります。
言い換えれば、保証会社は約4か月分を代位弁済した時点で、それ以上代位弁済から解放されたようです。

その後6ヶ月程度は毎日のように電話が鳴りやみません。
郵便も相当数届いていたと思いますが全部シュレッダーに飲み込まれております。

訪問不在通知

約2年ほど経過したでしょうか?
相変わらず週1回程度のお電話を頂いているなか、自宅のポストに訪問不在通知が入っていました。
封筒を破棄してしまい、消印の有無を確認していないので本当の訪問か、ただの郵便か不明です。

※後日書面掲載予定

強制執行予告通知書

訪問不在通知から約2か月後に『強制執行予告通知書』という、おぞましい通知を頂戴しました。
怖いですね。
強制的に差し押さえられるべき財産なんてございませんので実際は恐るるに足らずでしょうか。

強制執行の申し立て自体はさほど費用も掛からないので現実的ではあるのですが、数十社に及ぶ踏み倒し経験上、今回のような数十万円程度の場合はほとんど強制執行を申し立てたれることはありませんでした。

和解提案書

強制執行予告通知書と併せて頂きました。

合計約134万円(未払い賃料、遅延損害金、残置物処理費用、各種手数料)の25%割引
100万円で和解します(強制執行はしないよ)とのこと。
まぁ3年近く音信不通状態の私から払われるとは考えてないと思います。

執筆中の記事です

タイトルとURLをコピーしました